BT17(D37)5w1d胎嚢確認【KLC胚盤胞移植周期】


こんばんは!
多くの公立小中学校が昨日から新学期を迎えられた様ですが、皆さまはいかがおすごしですか?


私たちは、8/25,26と親戚総勢16名で湯河原に旅行に行って来ました。
うちの娘を含め、子どもは4人いたのですが、子ども同士の関わりは見ていて本当にホッコリさせられます。
娘も長らく続いたとびひも改善の兆しが見られ、久々にプールにも入る事が出来ました。


ところで、今週期から娘の時以来、再開した加藤レディースクリニック(KLC)での不妊治療ですが、おかげさまでたくさんの方々に読んでいただき感謝しきれません。
見直していたのですが、文章が変だったり、アシステッドハッチングの事をアシステッドハンチングと書いていたりと、何かとお恥ずかしい面が多々ありましたので、少し訂正させていただきました。


前置きが長くなりましたが、本日は、胚盤胞移植後、判定日に陽性判定をいただき、胎嚢確認でした。
判定日(BT7)に、実はβ- hcgの値が、28.9しかなく(娘の時は66.5)、妊娠継続率は50%と言われたので、かなり不安で、途中で再度妊娠検査薬を試したりしながら安心材料を見つけて過ごす日々でした。
一応、 BT11にhcg50以上で反応する検査薬でくっきりと赤い線が出たし、出血も無かったので、大丈夫とは思っておりましたが、やはり不安でした。



☆本日の流れ☆

10:50 KLC到着 4F再診機に診察券を通す 421番
今日は11:30予約だったのですが、娘の保育園のお迎えに間に合わなくなったらまずいので、早めに行きました。

10:55 10F検査センター 血液検査
hcgの値を調べますと言われました。

それからが長かったー。
だいたい長くても1時間程の待ち時間だろうと甘くみており、朝お茶もしたのでお茶ばかりするのはなぁ…と思い、そのまま待っていました。
しかし、1時間程経つと、421番より後の方々がどんどん呼ばれていきます。
うーん…早く来たせいかな?とか、結果が思わしくないのかな?とか、どんどん不安になってきます。
そうして待つこと、約2時間、ようやく呼び出しメールが来ます。

13:28 4F内診室
いよいよ胎嚢確認です。
7.1mmと無事に確認が出来ました。

13:49 4F診察室 医師の診察
今日は和田先生と言う女医さんでした。
「胎嚢確認出来ましたね。前回低かったhcgもいい感じですね。次は9/10か11か12に来てください」
と言われました。
そして私が「日赤医療センターで産みたいのですが、確認したところ、加藤レディースクリニックが良ければいつでも受け入れてくれるそうなのですが、紹介状は書いて頂けますか?」と聞いたら、
先生は、「それじゃあ、次回、心拍に問題無かったら、紹介状を書いて卒業にしましょう」
と仰ってくださいました。
ちなみに、今日のBT17のhcgの値は3892でした。

14:07 4F会計
本日お会計、¥6,000でした。
ついでに、東京都の助成金の申請のための資料を書いていただくため、KLCへ申請をしました。


と、こんな感じでした。
なんだか、待ち時間がやはり長かったですが、とりあえず良い結果で安心しました。
帰りに下のドトールに少し寄りましたが、旅の疲れと待ち時間の疲れとが合わさったような疲労感があり、娘の保育園のお迎えもあるので、早めに帰りました。

次回は、9/11(火)私の尊敬している大先輩の女優さんのお誕生日の日に心拍の確認があります。
私は娘の時は悪阻はそれ程辛くはなかったのであまり心配はしていませんが、やはり体の変化は否めないので、娘を大事にしつつも、できる時は安静に過ごせればと思います。(とは言っても、やはりなかなか安静にさせてはくれませんが…)
あと、体重管理をしっかりとしていきます。
これは、娘の時の反省点です。

皆さまも、お体大切になさって下さいね!!
また、ご報告させていただきます。



この記事へのコメント

スポンサードリンク