D20 胚盤胞移植をして来ました!KLCにて。

こんにちは!
先日、LINEスタンプも発売され、なんだか妙な達成感に満たされている私です。
スタンプご購入してくださった方、どうもありがとうございます(*^^*)


さて、昨日、娘の時から凍結してあった胚盤胞を移植して来ました!
4年越しのお迎え、ようやくか…と言う感じですが、無事にこの日を迎えられた事嬉しく思うと共に、支えて下さった方々に感謝を致します。


☆昨日の流れ☆

8:10 KLC到着 9F受付 171番
移植の日は8:00〜9:00に受付を済ませて下さいとの事で、夫と車で向かう。
娘は、昨日からばあばの家に久しぶりのお泊まり。

8:29 5F診察室 医者の診察
顔の細長い男の先生でした。
後から夫に聞いたところによると、4年前にお世話になったことのある先生でした。
先週、尿検査で肝臓の働きを示す一つのウロビリと言う項目が引っかかってしまったため、今週内科で再度調べたところ異常なしだったので、その検査結果の報告でした。
先生「異常ないので、血液検査の結果次第で移植になります」
とのこと。
また、前回の血液検査の結果も戴き、全て異常なしでした。

8:32 10F 検査センター
今日は採血のみ。
ホルモン値を調べます。
その後、駐車場に車を停めてきてくれた夫と合流。
9Fで検査結果を待ちます。

9:48 5F診察室 医者の診察
先生「ホルモン値、全ていい数値してるので、今日移植します。これから卵を融解します。胚盤胞なのでアシステッドハッチングをします。午後に移植になりますので12:30にお戻り下さい」
とのこと。
また、お昼ご飯は気持ち悪くならない程度に普通に食べて構わないと仰っていました。


それから、ちょっと早めのお昼時間になります。
約2時間半、長かったー。
当初、夫とやよい軒に行こうと話をしていたのですが、やよい軒の開店時間は11:00。
ジョナサンに行くかどこにするか迷った挙句、近くの吉野家でとろろ飯を食べました。
普段、私は昼食は食べないので、いつもの様に夫にたくさん食べてもらいました。
それから、KLCと同じビルの1Fにあるドトールにずっと居座り時間を潰しました。
普段2時間位は軽くお茶をする私たちですが、待ち時間となるとかなり長く感じました。
治療自体は痛みや辛さなど特に無いのですが、この待ち時間だけは過酷で辛いものがあります。
今回、夫が一緒に来てくれてかなり助かりました。


12:30 9F受付に戻る
9Fで培養士さんの話を待ちます。

12:52 9F問診室 培養士さんのお話
凍結してあった胚盤胞が無事融解され、アシステッドハッチングを行なったとのこと。
今回の胚盤胞についての結果発表です。
総合評価はA。妊娠率55%〜70%。確率は高いそうです。
とても丁寧に説明をして頂きました。
そして最後に質問はありませんか?と聞かれたので、何時間くらいで着床するか聞いたところ、今日明日中には着床しているとのこと。
家事など普段の生活は普通にしていいとのこと。
また、今日の移植のおおよその時間を確認したところ、14:00から今日の移植が始まり、10番なので10番目に行われ、15:00過ぎになると言われました。
説明が終わり、9Fで待機。

14:08 7Fナースセンター いよいよ移植です。
ナースセンター前で夫とわかれ、一人でキーを開けナースセンターへ入る。
受付で移植後の説明と移植後飲む薬(フロモックス2日分、黄体ホルモンのデュファストンを7日分)をいただき、何か質問はありませんか?と聞かれました。
リストバンドみたいなロッカーの鍵と靴につける番号の札をもらい、いざベッドルームの中に入ります。
中は1〜11番までのベッドルームがあり、カーテンで仕切られています。
ホテルみたいでかなり綺麗で、なんだかワクワクします。
そう言えば4年前そうだったなーと懐かしく思いながら、11番のベッドルームで着替えを済ませリラックスして待ちました。

14:30 トイレに行くように言われる

14:37 呼ばれ、手術室の前で少し待ち、いざ手術室へ。
手術室には医者、看護師、培養士さん含め10名近くいらっしゃいました。
いかにも手術室という感じのオペ室に入り、キビキビと誘導され、足も固定され、すぐ消毒。
膣の中に器具やカテーテルを入れられ、直ぐに始まりました。
まず、「8mm」という先生の声。
内膜の厚さの事です。
そして、一人の看護師さんが横に付いて下さり丁寧に説明をして下さりながら移植です。
左側の大きなモニターに今回移植する受精卵が映し出され、カテーテルに吸い込まれるところまで見届けます。
そして今度はすぐに右のモニターを見るように言われ、小さなモニター映し出されている子宮に受精卵を置いていただきます。
置いていただくのを確認して、すぐに終了。
時間はあっという間でしたが、前回は痛くなかったのに今回はカテーテルを子宮に入れる時少しだけ痛かったです。

14:42 移植が終わりベッドに戻る。
無事にお迎えできホッと一安心。
ちょっと横になりました。

14:57 トイレに行くように言われ、出血の有無を伝える。
すぐに着替え、ナースセンターをあとにします。

15:19 4F会計
9Fで待っていた夫と合流し、トイレでささっと化粧をし4F会計へ。
お会計は、本日の費用¥126,000、6ヶ月分の凍結胚保存管理料¥19,440、分けてのお支払いでした。


こんな感じの一日でした。
ちょうど雨が降って来てしまったので、私は病院で待ち、夫に車を取りに行ってもらうことに。
すぐにつけてもらった車に乗り、新宿を後にしました。
西松屋へ行き、地元のやよい軒で冷汁を食べ、ばあばの家に娘を迎えに行き、帰宅しました。
移植日は安静にと思いましたが、子どもがいるとなかなかそういう訳にもいかず、重いものは持ってもらったりお風呂に入れたりしてはもらったものの、娘と卓球ごっこしたり、ワイワイ逃げ回る娘を追いかけ薬を塗ったりと、生理痛みたいな痛みがある中やり、就寝しました。
夜中、足がつり、痛いーと言っていたら、夫が起きて背中をさすってくれました。

それから、今日にかけて、お腹の生理痛みたいな痛みは治りましたが、ガスがボコボコ言っています。
それ以外は変化無いかな…。
母から、無事に着床するといいねとLINEメッセージを貰いました。
判定日は、7日後の土曜日です。
ダメでも大丈夫でも、楽しみにしておこうと思います。



この記事へのコメント

スポンサードリンク