平成30年7月豪雨で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。


平成30年7月豪雨により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
また、亡くなられた方のご冥福をお祈りすると同時に、被災地の一日も早い復旧と、被災された皆さまのご平安をお祈り申し上げます。


当初、ニュースなどでまだ被害が目に見えていない頃、私はTwitterを再開して間もなかったということめあり、Twitterなどで救助援助を望まれる方々の悲惨な状況を目の当たりにしては、何か自分に出来ることは無いかと、心を痛めておりました。


遠く離れた場所とは言え、同じ日本での出来事。
他人事とは思えない、惨状。


とにかく、知ることがとりあえずは大事だと、心に強く刻みました。
それから、今まで左程関心が無かったニュースも、今までに増して強く意識することにしました。
同じ日本、強いては同じ地球に生きる者として、無関心でいる事ほど哀れなことは無いと思っております。


マザーテレサは仰いました。
「愛の反対は憎しみではなく無関心です」と・・・。
私はその言葉を母から子どもの頃に教わり、今でも心の奥深くに刻まれています。


今、西日本を中心とした豪雨により、その言葉を思い出すと同時に、自分に出来ることは無いかという気持ちを忘れずに、生きていきたいと思わされました。


被災地の方々はこれからが大変な時です。
どうにか、一刻も早くの復旧と、心や体の平安を取り戻せるよう、私自身も身を慎んでお祈り致すと共に、自分の出来る事を探していきたいと思っております。


この記事へのコメント

スポンサードリンク