娘の雛人形


今日は桃の節句と言われるひな祭りです。
女の子の健やかな成長を祈る大切な日とされています。
女性の方、女の子のお子さんがいらっしゃる方、雛人形を飾った方も多いかと思われます。


その雛人形、一人に一つだと言うのはご存知でしょうか?


雛人形が1人ひとつ必要だとされるのは、雛人形は女の子の厄を受ける身代わりであり、大人になると役目を終えていると考えられるからだそうです。


しかし、女のお子さんが複数いる場合は大変ですよね。


私は兄弟が4人、歳の上から、私、弟、妹、妹と女の子が3人もいます。
そんな場合、何もよく売られているお内裏さまなどとセットになった雛人形でなくとも良いそうです。
うちでは、一人に一つ、女の子の人形を祖母がプレゼントしてくれ、それを飾っていました。


さて、我が家はというと、娘が一人。
雛人形はこんな感じです。


55232B6E-8CAA-45A1-8C4B-98167249CD47.jpeg


夫が子どもの教育にも良い、日本の文化を体験させたいとのことで、昨年購入しました。
我が家は白のフローリングで、インテリアは白や明るい木目調が主なので、この色にしました。


今日は実は、私は友人の披露宴があります。
なので、夫は娘と二人で、ちらし寿司を作るそうです。
今、披露宴に向かっている最中。
帰りが楽しみです。


皆さまにとって素敵な日になることをお祈り致しております。


この記事へのコメント

スポンサードリンク